« セゾン2008年度募集馬 | トップページ | ダービー予想 »

2008年5月25日 (日)

重症

結局、馬欲しい病が更に悪化して、様子見していた1頭を購入してしまいました。
購入したのはキャロットクラブのブレイクランアウト(キューの06)です。
入厩予定の発表から、2日位で満口になりましたがその前に申し込んで
おいて正解でした。

この馬との出会いは、ネットで海外競馬の結果を調べていたら
母父Deputy Ministerの馬が活躍していたので、似た血統の馬が
いないか調べていた時でした。
友人がキャロットで一口馬主を始めたので、2007年のカタログを見せて
もらっていたのですが、その時はそれほど気になりませんでした(笑)

購入の決め手は
 ①父Smart Strikeと母父系にVice Reagentの組み合わせは良い
   母父Vice Reagent 15頭中12頭出走(80%)し9頭が勝(60%)
                ステークスウイナーが1頭(7%)
   母父Deputy Minister 19頭中14頭出走(74%)し10頭が勝(53%)
                 ステークスウイナーが4頭(21%)
   基本的にノーザンダンサー系と相性が良いようです
 ②空胎後の産駒(母は前年不受胎)
 ③母が8歳時の種付け
 ④アメリカで生まれてから輸入してきた(磁場の影響が出ない)
 ⑤顔が良い
 ⑥足元、内臓が丈夫そう
 ⑦根性がありそう

①②③④は中島理論を参考に⑤⑥⑦は自分なりにです。

母キューの情報は
Queue 1997年2月19日生まれ 31戦7勝(7-6-0-18)獲得賞金$400,260
2005年11月7日のKeeneland November Breeding Stock Saleで$180,000で落札
2004年は不受胎、Smart Strikeを2005年5月16日種付け。
ブレイクランアウトは2番仔

もう一つ購入の決め手がありました。名前が良いです(笑)
昔ビリヤードにえらく嵌まっていて縁を感じました。
この馬にはかなり期待しています。
デビューが待ち遠しい1頭です。

|

« セゾン2008年度募集馬 | トップページ | ダービー予想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セゾン2008年度募集馬 | トップページ | ダービー予想 »